見積結果はどうやって決まる?カメラ買取の疑問を解消

買取店にカメラを売るにはまず、査定をしてもらって見積を出してもらうことになります。売り手はその結果に一喜一憂させられますが、思うよりも低い結果を示されることで、「どうして?」という気持ちになった経験を持つ人もいるはず。

時には呆然とする悲しい見積を出されることもあるカメラ買取は、どんなところを判断して金額を付けているのでしょう。

カメラ買取に出した感想は様々

実際にカメラ買取を利用した人は、どのような感想を抱いているのか気になりますよね。良い口コミの内容から紹介をしてみると、「予想よりも高く売れた」、「納得のできる査定結果だった」など、喜びの声を確認することができます。

買取価格の良し悪しについての感想が多く見られることから、やはり高く売れるかどうかを重視して、買取サービスを利用する人が多いということなのでしょう。自分で考えているよりも高く売れると嬉しいものですし、カメラ買取にも良い印象を抱くことができますよね。

しかし、買取価格に満足している人ばかりではありません。呆れるほどの安さで買取をされたという声も確認できます。中には見積が50円だったり100円だったりと、かなりの安さで引き取られてしまったという利用者もおり、結果に不満を漏らす声もあるのです。

確かに、安いカメラだろうと、購入時は万単位で買うことが多い中、ワンコインの査定結果となると不満が噴出するのも無理はありません。一体何を見て安い買取価格を付けているのかと、疑問にも感じてしまうものでしょう。

では、見積結果は何をどう判断して導き出しているのか見ていきます。

中古市場における価値

カメラ買取において特に重視されるのが、中古市場ではどの程度の需要があるのかという点です。基本的に人気の高い物は売れやすいため高い価値が付く傾向があります。逆に、不人気の物は価値が低いです。これは当然とも言える判断で、どこの買取店でも売れない物を高く引き取ってくれることはありません。

見積も厳しい結果になってしまうのも仕方なく、時には50円などの激安での買取になってしまうのです。

売り手としては腑に落ちないものの、納得せざるを得ない部分でもありますよね。どんな物が中古市場では人気なのかということですが、人気を左右する条件は色々ある中、分かりやすいのは、新しいカメラなのか、それとも古いカメラなのかという点ですね。

カメラは一般的に、古い物よりも新しい物の方が性能は良くなっていますし、見た目のデザインにも新しさを感じられます。

それに新しい物の方が状態の良い物が多く、中古でも気持ち良く使えます。できるだけ良い物を買いたいというニーズが多いことで、カメラ買取においても発売されてから間もない物ですと高く売れやすいのです。逆に古い物は、古くてニーズが少ないという理由だけで安値で引き取られてしまいがちです。

カメラ自体のコンディション

コンディションの良し悪しも見積を左右するポイントです。高額査定を得やすいのは、当然のことながら新品同様にキレイな状態の物です。例えばデジカメを売る場合、外装や液晶画面に傷が見当たらない、レンズにカビや曇りがないなどの場合ですと、減額をされにくくなりますので見積結果も良くなりやすいでしょう。

カメラを丁寧に扱う人も多いかと思われますが、見積が納得のいくものですと大切に扱ってきて良かったと思えますよね。逆に高額査定が難しくなるのは、傷などのダメージが多いカメラです。雑に扱ってきたり管理が良くなかったりすると、本体に目立つ傷がある、レンズがカビているなどする場合もあるものですが、こういった減点箇所が多い物は査定で不利になると言えます。

商品価値が低くなり売れにくい存在と判断されますし、買取店からしても在庫リスクになる恐れがあると判断されます。中古品として売れなさそうな物は、必然的に見積も金額を抑えたものとなるでしょう。ただ、売れるだけまだ良いと言えるかもしれません。

本当に無価値の物は買取不可と判断されますし、タダで引き取られてしまうこともあるのです。ゴミとして捨てるしかないよりも、少しでも現金化ができた方がお得と言えばお得ですよね。

「カメラの買取で出来るだけ高値を付けてもらうためのポイント」


付属品もチェックされます

きちんと付属品が揃っているかどうかも査定の際に見られます。理想的なのは、箱や説明書、充電器などの、買った時の付属品がしっかりと揃っている状態です。この場合は付属品の欠品による減額がされないため、見積結果も良くなる可能性があります。

かたや、付属品がない場合は減額になる可能性が高いでしょう。特に説明書や充電器などがない状態は不利です。実用に伴う付属品の不足があると売れにくくなってしまうため、大きな減額をされてしまうことがあります。なお、箱に関してはなくても減額なしとする買取店もあるようです。

その場合は見積が下がる心配はありませんので安心して査定に出しましょう。

買取店の在庫状況も影響

見積の良し悪しは、カメラそのものの価値だけで判断をされることばかりではありません。買取店の在庫状態次第でも左右されます。例えば過剰在庫を抱えているところですと、見積が低くなる傾向があります。仕入れをしても売り捌けないリスクが出てきますので、あまり高額で引き取ることができないのです。

一方、在庫を増やしたいと考えているところならば、見積も良くなる可能性が高いでしょう。商材を充実させたい姿勢を持っていることで、買取を強化していることもあります。よく買取キャンペーンなどと称して宣伝を行っていることもありますが、それは在庫を増やそうという思惑の表れなこともあるのです。

キャンペーン中は高く売れやすい傾向もありますので、そうしたタイミングを見計らって査定に出すのもおすすめです。

「カメラ買取でライカを売る際の注意点と買取金額をアップさせるコツ」

査定士によっても金額は変わる

カメラ買取を担当するスタッフの質も見積に影響を及ぼします。売り手としては、買取をする側はカメラのプロと考え査定を依頼し、プロの視点から価値を付けてくれることに期待をするものです。しかしながら優れた査定士ばかりではないのが実際のところです。

下手をすればカメラに精通しているわけではないアルバイトが査定をするケースもあり、知識のない査定士では適切な価値を付けることはできません。そして価値がよく分からないカメラに関しては、とりあえず低い見積を出してきます。

万一、価値のないカメラを高く買取をすれば損失ですので、安く叩くことでリスク回避をしようとするのです。

ちゃんとしたところに査定に出さないと、良くない査定士に当たることもあるため、カメラを売る際にはできるだけ専門店を利用することが大切ですね。